税理士法人 川邑・中 合同会計事務所
電話番号:073-425-125

社長メニュー
システムQ&A
復興支援
税理士法人川邑・中合同会計事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会和歌山支部所属所属

事務所紹介

代表社員 メッセージ

       

時代に即したサービスと人間力、

                そして「自利・利他」の精神を


「自利とは利他をいふ」とは比叡山延暦寺を開いた最澄の言葉です。世のため人のため、つまり会計人なら、関与先や職員、社会のために精進努力の生活に徹すること、それがそのまま自利すなわち本当の自分の喜びであり幸福なのだという考え方です。

会計人として、自分のことよりもまず関与先のことを考えるべき、そんなTKC全国会の考えに感銘を受け、この言葉を事務所の行動指針としています。

いくら数字がデータ化しても、経験でこそできることや仕事の勘といった部分は必要です。

開業して50年余り、世の中は変わり、お客様のニーズも日々多様化しています。旧態依然としていればお客様の満足は得られません。「正しい知識と確かな計算、そして何よりもお客様のニーズを知り、これに向かって誠心誠意努力することで、お客様の繁栄と満足が得られるものだ」そのように考えております。

                                        代表社員  川邑 宗司

 「親身になってお客様のことを考える」

                                 これが私たちの仕事


師である川邑所長から教わったこの言葉は、私の仕事の教訓となっています。経営者の方々は、日々考え、決断し、その決断に対するすべての責任を引き受けなければなりません。私たちの使命は、少しでもその重責を減らし、解決できるお手伝いをすることにあります。

税理士法人 川邑・中 合同会計事務所は人と能力に自信があります。職員一人ひとりが培った知識と経験は他にはない特徴であり、それぞれの得意分野をもって事務所全体でお客様をサポートいたします。

どんな話でも、「一度、税理士さんに聞いてみる。」

お客様からそう言っていただける関係を築けるような会計事務所を目標とし、私たちは専門家としてお客様と共に成長することを喜びとしております。

                                                         代表社員  中 慎之介

       

事務所沿革

1964年(昭和39年)3月 税理士登録
1965年(昭和40年)8月 和歌山市にて開業
1968年(昭和43年)4月 社会保険労務士登録
1972年(昭和47年)4月 TKC入会
1973年(昭和48年)8月 経営コンサルト業務開始
1988年(昭和63年)1月 川邑マネージメントサービス有限会社設立
1992年(平成 4年)1月 (社)日本医業経営コンサルタント協会会員登録
2017年(平成29年)1月 税理士法人 川邑・中 合同会計事務所 設立

経営理念

当事務所は、以下の3項目を経営理念とし、関与先様の発展に貢献したいと考えています。

一.多様化、個性化する関与先ニーズを理解し関与先の満足を創造する。
一.同業他社のかかえる弱点、問題点を抽出、把握し他との差別化のために、独創的な運営機構を構築する。
一.目的達成のための計画、実行、反省を日常行動の基本とする。

事務所外観

当事務所は3階建てになっています。
1階 駐車場、応接室
2階 事務所
3階 会議室、応接室

※1階の階段横にインターホンがありますので、ご来所の際は利用下さい。